2019.04.21
随筆/創作

2007年に私が、今後一切肉を食べないことを決意したきっかけは、海外にベジタリアンを実践している人が大勢いると認識したことだった。彼らはお肉を食べなくても健康上の問題がない。お肉は嗜好品でしかないのだと知った。お肉を必要としない彼らはカッコよく、食べたいから食べる自分の欲望が卑しく思えたのだった。

それから今年(2019年)になって卵や乳製品も食べず、毛皮や革製品も買わないヴィーガンになるまで、かなりの時間を要してしまった。これには勉強不足の占めるところが大きい。

知識があれば、植物性の食品だけで、より健康に生きられることが分かるし、美味しいヴィーガン料理を作れる。そして動物がどれだけ凄惨な目にあっているかを目の当たりにする。何より、ヴィーガンは怖い人たちではないのだと知った。

ヴィーガンになったことで感じた後悔は、他のヴィーガンの方も言っていたが「もっと早くヴィーガンになれば良かった」ということだった。
この後悔は誰にもしてほしくないと思う。未来のあなたが動物の犠牲に心を痛めるようになっても、犠牲は取り戻せない。

ヴィーガンには、
倫理的に配慮するエシカルヴィーガン、
肉食の地球への環境負荷を考慮してのヴィーガン、
健康のためのダイエタリー・ヴィーガン
など、出発点の問題意識がそれぞれある。
私の考えは完全にエシカル・ヴィーガンのものであり、動物が不当に搾取されているから肉食に反対する。

ヴィーガニズムに対してカーニズムという言葉があるが、これは犬や猫を愛護する反面、牛や豚の肉を食べるようなイデオロギーのことを指す。日本人の多くはカーニズムであり、肉を食べることの矛盾や罪悪感、葛藤を「いただきます」という感謝の言葉で覆い隠しているのではないだろうか。
それに対し、ヴィーガニズムの思想には矛盾や葛藤の余地がない。
私がヴィーガンになるまでにも、様々な問いや葛藤を抱いたが、答えはすでに用意されていた。
例えば、ヴィーガンへの代表的な反論として、「植物の命は考慮しないの?」などがあるが、これはプランツゾウ論法と呼ばれ論破されている。

(http://vegan-encyclopedia.seesaa.net/article/446729098.html)

ヴィーガンになって得た大きな気づきがある。
私は、それまで自分をマジョリティに属していると自認したことがなかった。
特権を持っているとも思っていなかった。
女であること、地方出身であること。両親を早くに亡くしていること。精神疾患の投薬治療をしていること。どちらかといえば「持たざるもの」で、それはマイノリティ側の良き理解者だと思っていた。

ところが、ヴィーガンになって起こったことは、圧倒的なマイノリティ体験だった。
私はマイノリティの人生を舐めていたんだと悟った。
どんなに言葉を尽くしても、どれだけ心を痛めていようとも、どれだけ根拠を明らかにしても、親しい人にさえ否定される。知識人でも、動物の権利に関しては度肝を抜かれるほど頑なに拒否する。
普段、弱者について語る人でも、レストランでフォアグラを頼もうとしたり、開かれた想像力に重きを置く人でも、肉食は文化だから否定できないといった。
「自分は中立だ」という不動の態度。でも、よく考えて欲しい。動物という被害者がいる。肉食する人は加害者で、ヴィーガンが中立なのだ。

私はヴィーガンなんて、決して、好きでやっているわけじゃない。ただ、凄惨な状況に置かれている弱者を見て、どうすることもできず苦しみ、自分に選択できることがヴィーガンだっただけに過ぎない。

ヴィーガンへの批判は多いが、救いなのは、それぞれの批判には、これまでの歴史的な解放運動が反例として持ち出せることだ。
「お肉は美味しいから食べる」という場合、それは、「気持ちいいからレイプする」のと同じ構造を持っている。
「肉食は文化だ」という人がいる場合、「奴隷制は未来に残すべき文化であったか」と尋ねることができる。
「ヴィーガンがそんな高圧的な態度じゃ理解されないし広まらないよ」と言われても、「黒人が『私たちの権利を認めてください』と頭を下げてきたか?」と言える。
私は、有色人種や奴隷や女性を解放する運動が、いかに困難を要したかを切々と感じる。
その立場は現在の動物なのだ。

Dominionという、YouTubeでも公開している工場畜産に関するドキュメンタリー映画がある。

私はこの映画を見たとき、動物を暴行する労働者に怒りを感じたが、すぐにこの人たちも被害者だと思った。従わない動物たちを日常的に暴行することで、明らかに精神を壊してしまっているように感じる。
工場畜産に従事する人間は移民だったり、階級が低く低賃金で扱われている。(※『ビーガンという生き方』Mark Hawthorne緑風出版

これらの事実を知って、私の中の「持たざるもの」という意識は変わった。自分の持っている特権を自覚し、そして自己弁護に回らないことが必要だ。この人たちに暴行を強要しているのは我々なのだ。
ヴィーガンがヴィーガンではない人にDominionのような動画を見せると「過激だ」と言われる。だが、過激ではなく、今この瞬間にも行われている事実なのだ。そして手を下しているのは我々自身だ。

2018.01.23
随筆/創作

子どもの頃、家畜や魚は「残さず食べてあげれば喜ぶ」のだと親に教わった。
豚さんが可哀想だから食べたくない、と子どもに食卓で駄々をこねられたら、さぞ面倒だっただろう。
私はそのときその言葉を受け入れたが、知性が育ったいまは、どうして「喜ぶ」のだろう、と問うことができる。

TV番組「ザ!鉄腕!DASH!!」の1月21日付けの放送で、要注意外来生物であるイグアナを捕獲して食べていた。
Twitterでは「動物に罪はないけれど、番組では骨の髄まで残さず食べてくれたから報われる」というような意見が多く投稿されていた。
その意見には同意するし、番組に批判は無いのだが、私は常々思っていたことがある。それは「残さず食べればよい」という論は、しばしば「動物が可哀想」という気持ちと、自分が「動物を食べたい、食べるのを辞められない」という相反する感情に蓋をするために使われていないだろうかということだ。「いただきます」という感謝の言葉を免罪符にして、思考停止していないだろうかと。

飽食なのに、イグアナをわざわざ食べる必要はないのかもしれない。人間に食べられても、あるいは、ただ殺されるだけでも、イグアナにとってはどちらでも良いのかもしれない。
自分の罪悪感を和らげるためだけの感謝になっていないだろうか、と自問することは、普段あまり無いように思う。

「いただきます」の裏に、現実では、目を逸らしてはいけない問題が多くあると思う。
野生とはほど遠い環境に置かれ、虐げられている動物がいる。
一生を拘束されて生きる生き物や、痛みつけられて殺されていく生き物がいる。

同日の「ワイドナショー」の放送で、ロブスターを生きたまま煮沸するなど、自然ではない痛みを与える調理法を禁止する法律がスイスで決まったというニュースが取り上げられた。失神させてから調理することが義務付けられたそうだ。
甲殻類は人間と同じように痛みを感じる器官があるという研究結果を私は以前から知っていたので、妥当なことだな、と思っていた。
ニュースが読み上げられた後スタジオが失笑するのを見てとても驚いた。
「そもそも食べなければいい」「欧米の価値観だから仕方ない」「日本には関係のないことだ」「日本の踊り食いの文化を否定することだ」「そんなことよりも人間を先に助けるべきだ」などの批判の声が上がっていた。
私はせめて「日本とは価値観が違うけれど、考えさせられるニュースだ」くらいの肯定はもらえるものだと思っていた。ショックで体が震えた。

どのように生きてどのように死ぬのが適切なのか?それは私は知らないしまだ分からない。ただ、だから、何が他者にとって残虐なことなのか、想像力を巡らして、考え続けたいと思っている。

人間はこれまで、他者の痛みへの想像力を広げることによって差別をなくしてきた。
もちろん感情移入を広げ過ぎれば、植物さえ食べられなくなる。差別撤廃が新たな問題を生み出すことだってある。それでも、感覚を麻痺させてはいけないと思う。
少なくとも、ロブスターの権利を考えたスイスは思考停止していない。「欧米の価値観」だからではなく、我々の、他者の人生への想像力が未成熟なのではないか、と問いたい。

2017.05.04
〇〇使った・した
レポ・レビュー

sony α7Ⅱを買いました

α7ⅱユーザーになったよ #α9なんて買えない #α7ii #バッグの中身

Mami Satoさん(@satohmami)がシェアした投稿 –

赤いストラップはDIAGNLの ニンジャストラップ の別注モデルです。

レンズを下に向けたい

ニンジャストラップと一緒に買うのが定番っぽい、カメラストラップバディという製品を購入しました。


Camera StrapBuddy – amazon

これで何ができるかというと、
カメラストラップの片側を三脚穴に取り付けることで、カメラのレンズが下を向くかたちになり、どこかにぶつけてしまう心配が無くなります。

IMG_3151

IMG_3134
今は短いレンズしか持ってないけどね!

カメラストラップバディの気に入らなかったところ

  • カメラを置いたときに安定しない
  • 取り付けにコインが必要で三脚との併用が面倒
  • 赤いレバーを回すだけで簡単に外れてしまう

IMG_3154
心配性すぎると思いますが…短いレンズだとかえってアンバランスでマウントに負担がかかりそうで気になるぅ

代わりのクイックリリースプレート

初めて知りましたがクイックリリースプレートというものがあるんですね(プレート凸とクランプ凹をそれぞれカメラと三脚に取り付けておいて、スライドなどの簡単な操作で両者をくっつけられるので、複数の機材に対していちいちネジを締めて装着する手間が省けるというもの)。

ストラップホール付きの、レバーを起こしてねじねじして取り付けができるものを買いました。
三脚にクランプも付けておけばばっちりですね

IMG_3166


[MENGS] PU-70H クイックリリースプレート – amazon

IMG_3164
(両側のネジが飛び出ているので外せばもっと安定するはず)

2016.10.18
〇〇使った・した
ペットのイグアナ
レポ・レビュー
作ったもの
写真
動画

gara_cos-4
gara_cos-3
gara_cos-2
gara_cos-5
gara_cos-6
gara_cos-7
gara_cos-8
gara_cos-9

gara_cos-10
着ているのに見慣れると着ていないのがエロく見える。

動画もどうぞ!

小型犬用のLサイズの服を購入して、いったんバラして袖丈と首・胴廻りを詰めました。第二ボタンから下はお腹にあたるので外しました。

gara_cos-1
(上:現在)
inuya_idwt-005_4
(上:元々) http://item.rakuten.co.jp/inuya/idwt-005/

gara_cos-11

こちらは詰める前。萌え袖もかわいいでしょ。


イグアナの娘 amazon.co.jp

2016.09.27
(私的)健忘録
随筆/創作

1997年、私は憧れのロリィタの世界に足を踏み入れた。
新潟県の田舎町から通販でHeartEのストラップシューズを手に入れたのだ。Vivienne Westwoodのロッキンホースバレリーナとも違わぬプラットフォームの厚底だけど、つま先がボールみたいに丸く、盛り上がっていて断然愛らしい。サイドにいちごのパッチがついていた。
当時、フリフリしたロリィタテイストのアイテムはロリィタブランドでしか手に入らなかった。デザイナーが特別な脳みそで描き出し特別なパタンナーが形作り特別な業者に特別なルートで発注をかけて特別なルートと価格で提供されるアイテムがロリィタアイテムだった。
私は特に靴に惹かれていた。素人に成形が困難なあの形を見つめる私は、モノリスを見つめる猿。

PINK HOUSE混同、ロリィタ枯渇時代

HeartEが榎本加奈子主演のTVドラマ『おそるべしっっ!!!音無可憐さん』に衣装提供するというので見ていたのが翌1998年。子供服だったエミリーテンプルが婦人服としてエミリーテンプルキュートになったのも1998年。
マルイワンにロリィタは扱っていなかったし、Angelic Prettyはセレクトショップだった。HeartEは最初の移転する前の原宿の店舗があった。雑誌『ゴシックロリータバイブル』がムック本として創刊されたのは2000年。『下妻物語』の小説初版が2002年、映画化は2004年。



amazon.co.jp

そんなロリィタ枯渇時代の90年代末の新潟県でロリィタ道に踏み入れたのは、親の用事で東京に行って原宿の神宮橋にたむろするゴスロリちゃんを見て憧れるようになったから。
それまで私はキャップを逆さにかぶり、鼻頭にわざと絆創膏を貼って、チューインガムを膨らまして写真に写るような利かん坊の女の子だった。のちのち「かわいい」に魂を吸い取られる体質に調教されていくが、初めてゴスロリちゃんを見たときの感想は「超かっけー!!まじクール!!」だった。
小学生だったので、本当の意味でロリじゃないかと思われるかもしれないが、当時の流行からするとそうではない。
安室奈美恵が全盛期で、ミニスカートにシャギーの入ったツンツンの茶髪、日焼けサロンで肌を焼いたアムラーファッションや、PUFFYのタイトなTシャツにだぼっとしたダメージジーンスを合わせ、髪はちりちりのソバージュという格好が跋扈していた。
モーニング娘。の『抱いてHOLD ON ME ! 』が発売されるころで、アイドルだって大人っぽすぎる色気を見せていた。大人も若年層もとにかく大人びた服装をしていた。フリフリのお洋服を着ている小学生なんて本当にいなかった。

この頃に友達4人くらいでPIKOのTシャツを着て近所のカラオケ大会で鈴木亜美を歌ったのを覚えている。


38822ed94a4914a98c1472f9d6a2a4ef-1
curassy.com

2016.05.15
〇〇使った・した
レポ・レビュー
健康

スマホアプリと連携して使う活動量計のMISFITシリーズにRAYというモデルが加わり、5月27日より発売されます。予約販売中です。
http://jp.misfit.com/products/ray/

サンプルをいただき二日ほど前から腕に装着しています。
ローズゴールドにグレーのレザーバンドを選びました(写真左手)。かわいい!まだまだアクセサリー類が出るそうなので楽しみ!

こういう活動量計自体初めて使ったんですが、MISFITは腕以外にもネックレスのように首から下げたり、ポケットに入れても使用できて、こんなに人間の動きを感知できるのか…とすんごい驚きました。睡眠ログも、深い睡眠と浅い睡眠が測定されます。それでいて500円玉とほぼ同じ重さで防水、電池だけで半年持ちます。

MISFIT RAYは電話やメールが来たらLEDを点灯して通知してくれたり、朝起きる時間にアラームをセットしておけば振動して通知してくれて快適な目覚めを得ることができます。
また、MISFIT LINKアプリを入れれば、MISFIT本体のタップによってスマホを鳴らすこともでき、IFTTTのレシピを割り当てればもっといろんな操作ができます。
私は最近自宅の照明をPhilipsのIoT照明「hue」にしたので、ためしにMISFIT RAYをタップして照明オン/オフしました。

(タップ系のトリガーがmisfit RAYの場合、ダブルタップは進捗状況の確認に設定されていて、残されたトリプルタップしかレシピに使えないことに気づくのに時間がかかりましたが…。)

(このレシピは実用的じゃないけど、hueのほうもまだ全然遊んでいないので、何かしたいです。)

2016.03.10
随筆/創作

前回のブログは5年以上前から思っていたことをそのまま書いた。時代状況を全然吸収していないが、人に伝わるのかなあと思って書いてみた。

私は性別から自由になりたいと思っている方の人間だ。
「生まれ変わったら男と女どちらになりたいか」?、「男に生まれても女に生まれても私らしく生きられる世界に生まれたい」。

女友達も少なく世間的にもあまちゃんな私の話など童貞が女を語っているのを聞くくらいの感じで読んでほしいのだけど、男性の性欲は抑圧されることでこじれるのに対し、女性の性欲は根本からこじれる構造にあると思う。

「私は風俗嬢が天職だと思う!」っていう女性がいると、男性は単純に「性欲が強いんだね。じゃあ仕事で発散できていいね」って言う。でも若い女性の性欲の強さは、生物的なものよりも、いかにこじらせているかっていうのと比例すると思う。

「小さいころの性的トラウマがあったけれど、アダルト業界に入ってトラウマを解消できた」、なんて女性や、「夫とセックスレスで女としての自分に自信がなかったけど、AV女優になって人気が出たことで、生きる気力が湧いてきた」なんて人は多いようだ。この場合男性のような「性欲の発散」ではないと私は思う。

女性の性欲は承認欲求とセットになりやすい。だからこじれやすい。

女性は子どものころから同性のおっぱいを吸って心地よさを感じているから、女体のエロスに目覚めている。スタイルのいい自分に萌える。モテる自分に萌える。自分が萌えられる存在であることに萌える。そんな風に抽象的なレイヤーの性欲だらけで、男性のように性欲を性欲単体として切り離しづらい。
承認欲求やトラウマが性欲の源泉になっていれば、性欲に向き合うほどますます性欲に絡め取られ、自覚したら飛躍して性産業に行ってしまったりもする。

承認欲求を満たしたいというのは男も女も変わらないのに、女の場合きれいになってモテることが選択肢のほとんどだったり、アイドルやAV女優になって作品づくりをするということがみんなの憧れる大きな選択肢になっているのが、私は狭小だと思うし気持ちの悪さを感じる。

女が女であることに縛られるほど性的サービスで承認欲求を満たすことが手軽で安直な手段になり、女の選択肢を減らしているという構図。選択したのは本人の意思のようでいて実際は性別というシステムに依拠している。そしてそれは男性の性欲よりも女性の性欲の方が資本になることが後押ししている。

だから私は性別から自由になれる世界を望んでいる。のかもしれない。

童貞女子の思弁は以上です。
photo102

2016.02.19
随筆/創作

私は有識者ではないし色々な責任を引き受ける準備もないし、社会には他に解決すべき問題が山積みだ。それでも私はフェミニズム論者でありたい。「全ての女性はフェミニストであるべき」だと考えている。なぜ全ての女性がフェミニストにならなければいけないのか? 今の私たちの社会には「女性」と「人間」しかいないからである。社会が「猿」と「チンパンジー」で構成されているとして、チンパンジーが疎外されている。チンパンジーからの主張は「私たちも猿だ」だろうか? 違う。「お前たちはゴリラだ」。この主張ができるのはチンパンジー側のみだ。だから全ての女性はフェミニストであるべきなのだ。

「女性」と「人間」しか存在しないことに実感が湧かなければイメージしてほしい。「男になる」とは「社会的人間になる」と同義だ。その通過儀礼は男性のみが獲得できるもので、女が性転換をして「男になった」ところで、「大人になった」わけではない。
対して「女になる」は性別や身体、そして身体の拡張としての「身に纏うもの」を変容するだけで獲得できる意味が全てだ。
女に見える動物はあまりいない。ゴリラもイグアナもイワシも。だがピンクのリボンを頭に結んでやれば女に見える。女とは身体的記号が全てで、男性にはその身体がない。男性は神と同じく性別のない無色透明で中立な存在で、性別を持っているのは女性だけだ(この文章ももしも「あたし、〜と思うのよね。〜なのかしら。」と書いていたら、もっともっと公共性のない随筆と受け止められるだろう)。そういう意味で「女性と人間しかいない」。

男性の中にもフェミニストはおり、彼らは「女性を救ってやる」というまさに男性中心主義に陥る危険と戦っている。そんななか女性が率直に権利を主張せずどうする?
なぜフェミニストが責任を負わなければならない? 世界の半分は女性なのに?

争いごとを嫌ってフェミニズムを退けることはある。場面単位で発生する。「個人の我慢くらいで済むのなら」、と。
なぜ個人的、家庭的なことは政治的、公共的なことと切り離されて考えられるのか?
権利をめぐって争うのは持たざるものの証明であって、育ちが良いと古き良き女性像に同化することに疑問をもたなかったりする。
男性の一歩後ろを歩くような女性は美しく、美しさゆえに内面化されやすい。女性は「おしとやかにしなさい」「股を閉じて座りなさい」などと母親を通じて、男性を意識するよりはるか昔から「身体」を矯正される。そして進んで矯正されていく。奴隷が奴隷であることにアイデンティティを持ち、自分の子どもを奴隷に育ててしまうように。

そういった奴隷はフェミニストにとって障害か? そうではない。
女性の労働をめぐって人と話したりすると、男性と対等になりたいのなら身体性を犠牲にしろ、長時間労働に耐え、身なりは最低限整えるだけにしろ、という至極真っ当で現実的な話になってしまう。
この話は裏返すと男性と対等になる気がなければ女性を売りにして良いという意味になる(風俗産業の是非の話にもなりやすい)。
すると、女性らしさの奴隷になることを批判する(女性らしくあることを否定する)ことと、女性を売りにする(女性らしくあることを肯定する)こと、これは正反対のようでどちらも同じ構図だということがわかる。
男性社会の中で生きるために女性らしくあるか女性を捨てるかの二択なのだ。「人間」か「女性」かの二択のまま変わらない。
それは女性解放のひとつの側面だが、フェミニズムの秘める可能性はもっとあると思っている。

できることは多様な性の在り方を肯定し推し進めることなのかなと思う。LGBTや既成の型に囚われない家族の形など。
ゴリラ以外にもオラウータンやチンパンジーを発見しようということ。自ずとゴリラも認知されるようになり、男性の生きづらさを解消することにも繋がると思う。

自身のことも再発見していかねばならない。政治施策がうまくいったり失敗したりするのを観賞するだけで終わらせてはいけないと思う。

image
この間の朝のガラちゃん(イグアナ)。
このサイトはやく作り直したいです。

2015.08.11
随筆/創作

「自分が死ぬまでに達成できないもの」について思いをめぐらせるようになった。歳をとってタイムリミットに現実感がもたらされたのだろうか。それとも人生をかけてコミットしたいものがようやくできたのかもしれない。
「人生を物語化」する物事に懐疑をもって接してきたつもりでいる。政治とか宗教とか科学とか哲学とか占いとかあなたとわたしが同じ時代に生まれたのは運命だとか。人間は物語のなかでしか生きられないことは重々承知しつつなるべく相対的立場を好んだ。その性質は私のジェネレーションで語ることもできるが、新興宗教に没入したまま亡くなった母親のもとで育ったという個人的体験で語ることもできる。
ジェネレーションで語るならば、物語に没入する危険性を鑑みつつも「あえて」コミットするというメタ没入型のひとも多い昨今だ。タイムリミットに気づいていてクレバーだと思う。
タイムリミットを延ばせるとしたら草薙素子のように疑体化したりAiに脳データを移植するほかない。2045年と憶測されているシンギュラリティ以後にはそれも可能かもしれない。
シンギュラリティが起これば人間は単純労働から逃れ古代ギリシア人のように哲学に浸る時間が増えるという論が一方ではある。脳データの継承ができ死を乗り越えられるようになったら実存的哲学はどういう形になるのだろう?宗教は?
「自分が死ぬまでに達成できない」ことの根源はタイムリミットともうひとつ、達成したいことが他者によって阻まれているということだろう。オブジェクトのリミットがあるためであることが多いように思う。ひとつの神の予言の地を奪い合うこと。財産を奪い合うこと。動物の命を奪わなければ生きられないこと。
オブジェクトのリミットが超えていきやすくなっている。ストリーミングでの音楽配信がいま広まりつつあるように、モノを持つことが少なくなっているから。
タイムリミットを延ばせないなら、並行世界に移行して夢を実現するという方法もある。
この間「破壊衝動と性衝動を切り離すことに失敗した屍姦好きの犯罪者に生まれていた可能性を考えることがあるよ」と人に話した。死刑についての話になり、世間と利害関係が一致しなかった不幸な犯罪者は死刑ではなく仮想現実に送って自分の好きなように生きさせれば良いという結論に至った。死はまだ未知だから。
魂は有限か?宗教家の母親のもとですごく考えたことがあった。
魂という概念は私のなかであるときは固有に存在するものだったりあるときは理不尽な肉体と合理性の間の余剰物だったりあるときは思考回路のクセだったり、そのときの自分を支配している低レイヤーの物語のなかで形をかえたが、常にある概念だった。
ほとんどの宗教は意味づけの体系と呼べるから、宗教を排除して意味付けを無くされた私は意味について様々な角度から引いて見たり近づいて見たり、結局のところますます意味に親しむようになってしまった。無意味に死ぬ命があるのはなぜ?というように。
何も達成できなかったとしても小さな意味を見つけ物語に収まっていくのだろうという諦観がある。テクノロジーの発展は意味の彼岸に連れて行ってくれるだろうか。そればかり楽しみにしている。

image

2015.04.03
作ったもの
写真

来年も同じような写真を撮っているんだろうなあ。
150403_sakura2

150403_sakura1

150403_sakura3