レンズの保護にストラップホール付きのクイックリリースプレートを選んだ

sony α7Ⅱを買いました

α7ⅱユーザーになったよ #α9なんて買えない #α7ii #バッグの中身

Mami Satoさん(@satohmami)がシェアした投稿 –

赤いストラップはDIAGNLの ニンジャストラップ の別注モデルです。

レンズを下に向けたい

ニンジャストラップと一緒に買うのが定番っぽい、カメラストラップバディという製品を購入しました。


Camera StrapBuddy – amazon

これで何ができるかというと、
カメラストラップの片側を三脚穴に取り付けることで、カメラのレンズが下を向くかたちになり、どこかにぶつけてしまう心配が無くなります。

IMG_3151

IMG_3134
今は短いレンズしか持ってないけどね!

カメラストラップバディの気に入らなかったところ

  • カメラを置いたときに安定しない
  • 取り付けにコインが必要で三脚との併用が面倒
  • 赤いレバーを回すだけで簡単に外れてしまう

IMG_3154
心配性すぎると思いますが…短いレンズだとかえってアンバランスでマウントに負担がかかりそうで気になるぅ

代わりのクイックリリースプレート

初めて知りましたがクイックリリースプレートというものがあるんですね(プレート凸とクランプ凹をそれぞれカメラと三脚に取り付けておいて、スライドなどの簡単な操作で両者をくっつけられるので、複数の機材に対していちいちネジを締めて装着する手間が省けるというもの)。

ストラップホール付きの、レバーを起こしてねじねじして取り付けができるものを買いました。
三脚にクランプも付けておけばばっちりですね

IMG_3166


[MENGS] PU-70H クイックリリースプレート – amazon

IMG_3164
(両側のネジが飛び出ているので外せばもっと安定するはず)

グリーンイグアナのガラちんにセーラー服を着せてみた

gara_cos-4
gara_cos-3
gara_cos-2
gara_cos-5
gara_cos-6
gara_cos-7
gara_cos-8
gara_cos-9

gara_cos-10
着ているのに見慣れると着ていないのがエロく見える。

動画もどうぞ!

小型犬用のLサイズの服を購入して、いったんバラして袖丈と首・胴廻りを詰めました。第二ボタンから下はお腹にあたるので外しました。

gara_cos-1
(上:現在)
inuya_idwt-005_4
(上:元々) http://item.rakuten.co.jp/inuya/idwt-005/

gara_cos-11

こちらは詰める前。萌え袖もかわいいでしょ。


イグアナの娘 amazon.co.jp

こんなにガジェット感の無さすぎるMISFIT RAYだけどIFTTTのトリガーになります

スマホアプリと連携して使う活動量計のMISFITシリーズにRAYというモデルが加わり、5月27日より発売されます。予約販売中です。
http://jp.misfit.com/products/ray/

サンプルをいただき二日ほど前から腕に装着しています。
ローズゴールドにグレーのレザーバンドを選びました(写真左手)。かわいい!まだまだアクセサリー類が出るそうなので楽しみ!

こういう活動量計自体初めて使ったんですが、MISFITは腕以外にもネックレスのように首から下げたり、ポケットに入れても使用できて、こんなに人間の動きを感知できるのか…とすんごい驚きました。睡眠ログも、深い睡眠と浅い睡眠が測定されます。それでいて500円玉とほぼ同じ重さで防水、電池だけで半年持ちます。

MISFIT RAYは電話やメールが来たらLEDを点灯して通知してくれたり、朝起きる時間にアラームをセットしておけば振動して通知してくれて快適な目覚めを得ることができます。
また、MISFIT LINKアプリを入れれば、MISFIT本体のタップによってスマホを鳴らすこともでき、IFTTTのレシピを割り当てればもっといろんな操作ができます。
私は最近自宅の照明をPhilipsのIoT照明「hue」にしたので、ためしにMISFIT RAYをタップして照明オン/オフしました。

(タップ系のトリガーがmisfit RAYの場合、ダブルタップは進捗状況の確認に設定されていて、残されたトリプルタップしかレシピに使えないことに気づくのに時間がかかりましたが…。)

(このレシピは実用的じゃないけど、hueのほうもまだ全然遊んでいないので、何かしたいです。)

オンデマンドフォトブックサービス「MyBook」を作ってみました

寝かせすぎた話です。今年2月のCP+(カメラの総合展示会)で「MyBook」を販売している、株式会社アスカネットさんのブースのお手伝いをさせて頂きました。

MyBookは自分で撮ったデジカメのデータから写真集を作れるサービス。
なんと無料で一冊作れるクーポンを頂きまして、ありがたく一番お値段のお高いラインの商品を試させて頂きました。

MyBookは専用の編集ソフトをWebからダウンロードして自分のPC上で編集、送信して約10日後に印刷されて手元に届くシステムです。
他社のフォトブックサービスよりも紙面の自由度が高いのが特徴。

  • jpeg形式のものなら取り込めるので写真のみでなく絵や柄も入れられる
  • 書体は自分のPCに入っている書体ならどれでも使用可能
  • 1ページに収める写真や文字の数は無制限!
  • 紙面への写真の配置が自由。レイアウトを手助けする機能も充実している。
  • 壁紙や絵が配置されて写真を当てはめるだけのフルテンプレートも50種類ある。

仕上がりも大変よいです!黒が良く締まっています。紙質も厚手で、ニス引き加工により優しい光沢感があります。出版社から刊行されている書籍にひけをとらない高級感です。
私も印刷の良さに惹かれて、写真を魅せるシンプルな配置で作ってみました。展示会などで色んなフォトブックサービスを見ましたが、使い勝手と印刷状態とで掛け値なしにMyBookが一番好みでした。

一方不満だったのは表紙で、幼児向け絵本にあるようなテカリのある光沢ラミネート加工が施されています(ハードカバータイプの商品ラインナップ)。これをうまく生かせるかはセンスが問われそうです。いつかリベンジしたい!

紙に出力せずにデジタルデータのまま写真を見ていると、つい必要もないのに等倍にして過剰にブレやモアレを凝視したり、ヒストグラム厨になって、撮っている内容を見なくなるので、たまには写真集にして眺めるのもいいもんですね!

ちなみに、近年フォトブックサービスは過疎化の進む小中学校の卒業アルバムなどでよく利用されるらしいです。オンデマンドなので一冊ごとに中身を変えて生徒に合わせた内容にできるのも嬉しいところだそう。

今回作成したタイプ
ART-HC(ハードカバー/無線綴じ/正方形)260s(266mm×266mm) 80ページ
※半透明のケースが付属されてきます

 

【アスカネットのマイブック | 高品質フォトブックは世界が認めたマイブック】 http://www.mybook.co.jp/

インド旅行記番外編 上海の経由でトラブる

インド滞在中は渡航経験豊富な友人と同行したんだけど、帰りはひとり。
そして私は英語ができない(中学英語も忘れた)。

予定ではコルカタを出て昆明空港、上海空港と乗り継いでだんだん日本に近づいて、その日の夕方には帰国してるはずだった。
なんとかなるだろうと思ってたら、飛行機が不時着して知らない空港で何時間も待たされる、遅れて乗り継ぎが出来なくなるというハプニングが起きちゃった。
コルカタから昆明に行く便の中は見事にインド人と中国人しか乗ってないし、空港は中国語と英語オンリーだし、どうやって意思疎通したかよく覚えてないwけど、航空会社の手配した上海のホテルに一泊して翌朝の便で帰ってきた。

意外になんとかなるやあ〜みんな親切や〜ん(コルカタ出るとき私出国カードすら自分で書いてない)
と思いつつ、若いから許される系だよな、反省しないといつか死ぬなと思った。

  • 空港に設置されている公衆電話

    国際電話が現金から掛けることができない。要クレカ。
    上海空港も昆明空港もこれ以外の設置なし。空港近隣にもなし。

    クレカ持って無くて上海空港のインフォメーションのなかの人の個人の携帯電話借りちゃった(気前いいなー)。

  • 空港のフリーWiFiは携帯番号にSMSでパスワードを受け取る仕組み。

たかが経由地だからと思って怠っていたけど、経由地こそトラブっても市街地に出られない&時間が無いから通信手段の確保には気をつけないとですねー…
たぶん上海空港内でプリペイドsimも売ってるんだけど、経由地でわざわざ買わないだろ、と思っていて買い方を全然調べてなかった。


ホテルがチェックアウトのときに持たせてくれた朝食
ピクニックみたいだね。ホテル自体は清潔で設備も整ってたよ。昆明ー上海の国内線の機内食もこんな感じだった。
えらいわ。

続きを読む “インド旅行記番外編 上海の経由でトラブる”

噂の知的スポット「ゲンロンカフェ」に行ってきた。ぼっちめし余裕

思想家・作家の東浩紀さんプロデュースの「ゲンロンカフェ」に行ってきたよ。

講義形式の人文系イベントやプログラミング講座などが定期開催される飲食店兼イベントスペースで、2月1日にオープンしたばかり。

私は勉強熱心じゃなくてイベントに行く予定がないため(←お前なんで東浩紀好きなの?)、通常のカフェ営業をしてる時にご飯食べに行ってみたいなーと思っていて、ちょうどタイミングが合って行ってみたよー(現状では飲食店よりも不定期営業のイベントスペース寄りなのでスケジュールをwebでチェックしてから行かないとご飯にありつけません)。

続きを読む “噂の知的スポット「ゲンロンカフェ」に行ってきた。ぼっちめし余裕”

インド旅行記その3 旅程や費用やアライバルビザやら形式的な情報共有

すでにかなり記憶が曖昧だけど、万が一誰かの役に立つかもな情報を。

旅程、費用

一緒に食べたいおそごはん!のあさこ食堂でご馳走を頂きました

去年12月、シラサカアサコさんのお宅で「人狼」というゲームをしながら「あさこ食堂」メニューをご馳走になりました。

アサコさんはフード系ソーシャルアプリで絶大な人気を誇り、ご自身のレシピブログ「あさこ食堂」が書籍化され、期間限定でリアル店舗も出されていらっしゃるお方です。

この後にもご馳走になれるチャンスがあったのですがことごとく逃してしまい…。写真で美味しさを振り返りたいと思います(あんまり巧く撮れてないんだけど泣)。

続きを読む “一緒に食べたいおそごはん!のあさこ食堂でご馳走を頂きました”