iPhone5

オンライン注文したiPhone5、やっとこさ受け取れました。

数ヶ月前にiPhone4を水没させて、急遽友人が余らせていたHTC chachaを借りてsimを入れ替えて使い、結局iPhone5発売まで待ってしまいました。
HTC chachaはガジェット好きがrootとっていじり倒す感じの海外端末(と私は理解したの)で、標準仕様で一台持ちだと不便で不便でほとんど触らなくなってました(内部メモリが少ない、日本語のリソースが入っていないのでMoreLocale 2などを入れてもメニューは英語のまま、縦横比の関係で載らないアプリがある、その他いろいろ)。
iPhone5とiOSの使い心地が増幅されて感じます。
君なしじゃいられない、と同時にこんなものを手にしているなんて未だに信じられない!

図らずもジョブズの一周忌なのでした。あっという間だなあ。

MiLi Power Pack4(iPhone4用バッテリージャケット)HI-C11

もう半年以上愛用している、MiLiのiPhone4用ジャケット一体型バッテリー。
仕事でお会いする人からそれは何かとよく尋ねられるんですが、なんとイベントコンパニオン仲間ちゃんが、私の勧めを受けて購入したんだって!メーカーの回し者みたいですね私w





基本的なことですがジャケットの中に蓄電しておけるタイプです。もちろん単体でも充電できるし、iPhoneに着せたまま電源に繋いだりPCとの同期もできます。電源に繋ぐとiPhone本体から優先的に蓄電されます。iPhoneの電池残量が減ったら側面のボタンを押せば、バッテリージャケットからiPhoneへ充電満了になるまで蓄電が流れます。側面にブルーのインジケーターがあって4段階のLEDで電池残量が表示されます。
本体へのコネクタがミニUSBで汎用性があるというのも非常用バッテリーとしてはポイントですよね!

HI-C11は蓄電量が大容量(iPhoneフル充電一回分は余裕)のフラグシップモデルで、他にも軽さがウリのHI-C23や、同じ形で3G・3GS用のHI-C10などもあるよ。
[ iPhone External Battery,MiLi -Made for iPod_iPhone_iPad ]

アクト・ツーでの詳細。
[ MiLi Power Pack 4 – act2.com ]



でも実際のところiPhone4はかなり充電もつし不満ありませんけどね。スマフォはバッテリーのモチがうんたら〜って言ってるひとは謎。

7/13のANAN見てね

今流行りの「スマフォ女子」の佐藤真美ですこんばんは!w

7/13発売のスマホ特集のANANに私がちっちゃく載ってます。

あ の ! A N A N で す よ ! !
アプリのレビューですー。
ぜひウォーリーみたいに探して下さい(・ω・´)

☆☆☆☆☆

お前は今まで食ってきたパンの数を覚えているか?
じゃなかった、今まで使ってきた携帯電話って覚えてますか?

私は5機種ぽっちです。

・p504i

初めて携帯電話を持ったのは高校入学したて。機種は自分で選んでません。
私の年代では、高校生で初ケータイデビューだとちょっとダサい、くらい。

・p252is

おもちゃみたいに小さい。
キャリアはdocomoのまま機種変。

・Nokia 6630

…正式にはFOMA NM850iG…。
NokiaやBlackBerryのスマートフォンにすっごく憧れて、使ってみました!

docomoカスタマイズがなされた(ロックがかけまくられた)コレはスマートフォンと呼ぶには忍びなかった…orz

日本のキャリアのやり口に不信感を抱くようになりましたよ。

ボーダフォンから発売されてる同機種はおかしなロックが掛かっていなかったし、他にも色んなスマフォが出てたのでボーダフォンいいなと思いつつ、
それとヤフオクなどでsimロックフリーnokiaに誘惑されつつw、
金銭的に850iGを使い続けました。

ちなみに購入時のFOMA NM850iGの筐体はこんな感じ。

サードパーティ製のシンプルなケースとシリコンで出来たキーボードに変えたんです。
3.5mmのイヤホンジャックが差せるアダプタ買ったり、ネットで探せばアクセサリが豊富にあったので楽しかったです。
テーマもキティちゃんにしてかわいいでしょ。音楽ファイルもこれにいっぱい入れてiPhoneっぽい使い方してました。
何度か水没させたけど今も健在。やっぱり強いNokia!

・iPhone3G

Apple教に入信したので、日本でiPhone発売だー!!お祭りだー!!と表参道で徹夜して並んでゲットしました。
男性率高くて並んでる最中TVの取材いっぱい受けたけど使われてなかったワロタw

・iPhone4
3GSは金銭的に断念して、待ちに待ったiPhone4を発売と同時に買った。
いまここ。

Androidなども魅力的な端末が続々出てますなあ。誘惑されてます。

【関連】
iOS5beta/satomami.com

an・an (アン・アン) 2011年 7/20号 [雑誌]
B0056ARD7W

iOS5beta

iPhoneにiOS5 beta版を入れてしばらく使ってみてましたっ。
せっかくなので私も、使いやすいぞアピールします(´ω`)ゆるく。

やっぱり「ついにPC無しでアクティベートできるように!」ってことが驚きですよね。

設定の中にソフトウェアアップデートがありますよっ



あと「写真」内でアルバムを追加できるようにもなってたり、


「ミュージック(元iPod)」がスワイプで曲の削除ができるようになっていたり、、

PCとほとんど同期しない人が「できないの?」って言ってたことばかりだね。

iTunesとのワイヤレス同期もついに!って感じですね。



OSレベルでTwitterとの連携がなされるようになったのも驚きですね。SNSでもTwitterなのがちょっとびっくり。


カメラからもsafariからも直接ツイートできちゃう。




新しく付いた「通知センサー」。
ステータスバーを下にスライドすると出てきます。
今までは、スリープ中にメールやTwitterなどの通知がポップアップで来て、それが消えてしまうともう確認できなかったけれど、iOS5ではここに通知が残ります。


新しく付いた「Newsstand」。


今までAppStoreで買ってたひとも多いであろう、ToDoリストがデフォでつきました。



位置情報でリマインドさせることもできる。なんか好き。





「天気予報」がGPSで習得したピンポイントの位置で予報を表示するようになりました。このキャプチャでは「現在地の天気」になっているけど、「3丁目」とかも表示されるよ。
一時間毎の天気も見られるようになりました。

あとカメラ!かなり使い勝手が良くなりましたよ!

今までロック画面でホームボタン2回押すと曲の再生が選択できたけれど、そこにカメラもつきました。すぐ起動できちゃう。


それにハード側のボリュームのプラスボタンでシャッターがきれます。横向きに持って友達と一緒に写る時に便利ですよね!


グリッド表示もつきました。



カメラ起動中に画面をスワイプして、前に撮った写真を確認することもできます。これはiPadでつかえそう。

ちなみに「写真」内の項目を削除するとき、一枚の写真を長押し→選択開始→そのままスライドで他の写真もバババーっとイッキに選択!だったのが、
一枚一枚タップになってた…あれ好きだったのにw




safariに「リーディングリスト」(あとで読む)がつきました。これも今までは外部サービス使ってたね。



カレンダーは加速度センサーで画面の向きを変えられてより手帳らしい表示ができるようになっています。


視覚・聴覚・身体機能サポートもかなり充実してます(今まであまり気にしてみてなかったけど…)。
着信音をモノラルにできたり、バイブレーションをカスタムできたり。


読み上げ機能も追加されました。
選択した文字をボイスオーバーで読み上げさせることができます。
読み上げる速度もあらかじめ調節できます。




文字入力も変わりました。文字の変換候補に「部首」。
( ゚∀゚)o彡゚カンジカンジ
(でもちょっとこれよくわかんないですww)



メールがリッチテキスト編集できるようになったらしい(まだやってない)。PCと同期してるEメールでリッチテキスト編集できないと不便だったよね!
こんな風にフラグも立てられるようになりました。



アドレスをドロップしてBccやccに移動もできます。

あとMobileMeが標準のメールアドレスになってましたよ。

iCloudも無料うれしいですね。
googleで事足りるんだけれど、「ソフトウェアの代用のwebブラウザ上のサービスをiPhoneと同期させて使う」のと「iPhoneのソフトウェアにクラウドがプラスされて広がる」のとでは、魅力が全然違うんでしょうね(´ω`)


iPhone 4 専用★食品サンプル愛飯/あいふぁん カバー(日の丸弁当)【iPhone4 iPhone 4 愛飯 あいふぁん】
B003VN0NWI

artgene.

アート専門の情報サイト「artgene.」をご存知でしょうか?
そのiPhoneアプリが登場しました。活用法の紹介に私がちょこっと写ってますので見てみて下さい。

私もMy iPhoneにアプリダウンロードしましたよ。
現在位置から近くの展覧会をGPSで割り出してくれる機能がすごく重宝しますよ!おすすめです。

アートといえば、最近、村上隆の「芸術闘争論」を読みました。
私、美術にあまり詳しくないし、ましてや作家志望なんかじゃないのですが、村上氏も登壇されたシンポジウムに行ったこともあったりして、氏の活動に興味がありました。
よく買い物に行く中野ブロードウェイにもギャラリーがあったりしてね。
超資本主義の中での「美術」という一分野に属している人でないと素通りしている本かもしれませんが、業界人による業界人のための本ではなかったです。
一人の人間の私小説的な内省を肯定する場になっている鎖国的で内輪向けの日本美術を、世界に通用する、誰しもに関わる文化活動の土俵に引き戻すことが目論まれているわけで、この本自体、それがパフォーマティブに表れていると感じます。
日本人なら誰でも読んで、通底する問題意識を他の場所にも見いだせるんじゃないでしょうか。
現代美術の構成要素の分析の明晰さ、そしてそれを披露してしまうこと。ハイコンテクストなオタクカルチャーを西欧美術の文脈に「翻訳」した村上氏だからこそ書けることですね。うむ。

芸術闘争論
芸術闘争論

posted with amazlet at 11.06.23
村上 隆
幻冬舎
売り上げランキング: 5098


美術手帖2010年11月号
美術手帖2010年11月号

posted with amazlet at 11.06.23
美術出版社 (2010-10-18)


思想地図β vol.1
思想地図β vol.1

posted with amazlet at 11.06.23
東 浩紀 宇野 常寛 千葉 雅也 速水 健朗 北田 暁大 鈴木 謙介
合同会社コンテクチュアズ
売り上げランキング: 9954