噂の知的スポット「ゲンロンカフェ」に行ってきた。ぼっちめし余裕

思想家・作家の東浩紀さんプロデュースの「ゲンロンカフェ」に行ってきたよ。

講義形式の人文系イベントやプログラミング講座などが定期開催される飲食店兼イベントスペースで、2月1日にオープンしたばかり。

私は勉強熱心じゃなくてイベントに行く予定がないため(←お前なんで東浩紀好きなの?)、通常のカフェ営業をしてる時にご飯食べに行ってみたいなーと思っていて、ちょうどタイミングが合って行ってみたよー(現状では飲食店よりも不定期営業のイベントスペース寄りなのでスケジュールをwebでチェックしてから行かないとご飯にありつけません)。

五反田のビルの6階というのは知っていたけれど、どうしても地下にあるイメージが拭いきれなかったので、実際に出向いてみて開放感が新鮮でした。
照明の明るさも健康的。

思えば過去二回行った株式会社ゲンロンさんのイベントが、どちらも窓がないレンタルスペースで、場所の閉鎖感によって内輪感までもが私のなかでつのってしまっていた気がする。

「コンセプトである『文系と理系の融合』ってことで内装業者のデザイナーさんがあげてきたのが、ショッピングモールのフードコート風だった。図らずもショッピングモールは『新しい公共空間』のモデルとして以前から構想していた」ってことを、東さんがオープニングイベントの中継USTでおっしゃってたのを見たけど、たしかにどこかフードコートっぽい。

グラスワインとピザとカプレーゼ食べたよ。おいしかった。
哺乳類のお肉が食べられないので
「フライドチキンにキーマカレーにミートソースパスタにサラダにもサラミやベーコンが入ってて選択肢ありません!系のお店だったらどうしよう…」
と思ってたけど、全然そんなことはなくて、むしろ肉料理少なめで個人的に嬉しかった。
ワインがボトルで置かれるようになればさらに俺得や。

(閉店間際でお客が少なくみなさんお会計で席を立っているチャンスに撮った。実際にはほどよく人入ってた)

ゲンロンカフェ
東京都品川区西五反田1-11-9
司ビル6F
03-5719-6821 / 03-6417-9230
公式サイト | http://genron-cafe.jp/
twitter | https://twitter.com/genroncafe

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です