インド旅行記番外編 上海の経由でトラブる

インド滞在中は渡航経験豊富な友人と同行したんだけど、帰りはひとり。
そして私は英語ができない(中学英語も忘れた)。

予定ではコルカタを出て昆明空港、上海空港と乗り継いでだんだん日本に近づいて、その日の夕方には帰国してるはずだった。
なんとかなるだろうと思ってたら、飛行機が不時着して知らない空港で何時間も待たされる、遅れて乗り継ぎが出来なくなるというハプニングが起きちゃった。
コルカタから昆明に行く便の中は見事にインド人と中国人しか乗ってないし、空港は中国語と英語オンリーだし、どうやって意思疎通したかよく覚えてないwけど、航空会社の手配した上海のホテルに一泊して翌朝の便で帰ってきた。

意外になんとかなるやあ〜みんな親切や〜ん(コルカタ出るとき私出国カードすら自分で書いてない)
と思いつつ、若いから許される系だよな、反省しないといつか死ぬなと思った。

  • 空港に設置されている公衆電話

    国際電話が現金から掛けることができない。要クレカ。
    上海空港も昆明空港もこれ以外の設置なし。空港近隣にもなし。

    クレカ持って無くて上海空港のインフォメーションのなかの人の個人の携帯電話借りちゃった(気前いいなー)。

  • 空港のフリーWiFiは携帯番号にSMSでパスワードを受け取る仕組み。

たかが経由地だからと思って怠っていたけど、経由地こそトラブっても市街地に出られない&時間が無いから通信手段の確保には気をつけないとですねー…
たぶん上海空港内でプリペイドsimも売ってるんだけど、経由地でわざわざ買わないだろ、と思っていて買い方を全然調べてなかった。


ホテルがチェックアウトのときに持たせてくれた朝食
ピクニックみたいだね。ホテル自体は清潔で設備も整ってたよ。昆明ー上海の国内線の機内食もこんな感じだった。
えらいわ。


往路も直行便だとお値段が少々張るので上海に一泊してから向かったので、上海には二泊したことになる。
このとき上海はみぞれが降ってて気温は0度だった。


南京東路


南京東路のアップルストア上海3号店。
イベントもないのに朝から晩まで混んでるし、開店前は並んでる。
ネットカフェ代わりに使ってるのだと予想を立ててみる。正解をご存知の方はお教え下さい。


なまこちゃんがカッチカチやあ!
日本からもナマコ輸出してるそうだ。何kgあたりか分からないけど、数万円だね。超高級食材だ。

Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です