インド旅行記その3 旅程や費用やアライバルビザやら形式的な情報共有

すでにかなり記憶が曖昧だけど、万が一誰かの役に立つかもな情報を。

旅程、費用

インド旅行記その1 意外だったインドの素顔編

インドに旅行して来ました!デリー→バラーナス→コルカタ のオーソドックスなルートを急ぎ足の6日間で行って来ました。
旅行会社を立てず、インド内の移動に飛行機などを使わずホテルも中級のバックパッカースタイルです。

現在インドでは12年に一度のサドゥー(ヒンドゥー教の修行者)のお祭り「クンブ・メーラ」が4つの聖地で場所を移しながら行われています。
今月14日から北インドのアラハバードで開始した模様です。場所も日程も私の旅程とわずかの差ですれ違ってしまったのが悲しい…。
私のインドのイメージは1998年の漫画、ちこぢる「ぢるぢる旅行記(インド編)」で形成されているんですが、作中で「2000年のクンブ・メーラの時は自分たちは何してるんだろね」ってな話をしているんですよ。それがもう2013年で、感慨深いです。

旅を豊かにしてくれたハプニングや意外だったことなどを列挙します。

北インドは日本より寒かった

続きを読む “インド旅行記その1 意外だったインドの素顔編”

【動画】バルーン着ぐるみって知ってる?

バルーン着ぐるみなんてあるんですね。
国内の主メーカーの株式会社パソックさんは21年の歴史があるそう。そんなに古くから!?

動画は先日の「産業交流展2012」で撮影しました。株式会社おおわだぐみさんのキャラクターです。でっかい!腕も動くんですね。
(※メーカーは分かりません)

【動画】イグアナスーパーごはんタイム(定期Post化してる的な)

毎回似たようなイグ動画をあげてますが。ってうるさいよ。
今回の見所は下唇と鼻息です(iPhoneで撮った音声だけど、出来るだけノイズを消してみたよ)。

Youtubeのアカウントを新しく「SATOMAMIcomTV」なんて作ったので、アフターエフェクツで簡単なイントロも作ってみました。
これでイグ動画UPも捗るってもんよ!

薪をくべる(創作)

シェアハウスタイプのアパートに住んでいる。
もとは邸宅だったのを改装してあり、それはそれは広大な庭が備わっている。意匠を凝らしたデザイナーズ物件と並んでインテリア雑誌に特集されることもある。シェアオフィスとしての利便性で入居した在宅ワーカーもいる。共用部の充実がとにかく比ではないのだ。

オーナーの父親がカナダの牧草主で、アパートのほうぼうにオールドカナダな要素があり、母屋になった共用部のリビングには薪ストーブがある。部外者の入室が比較的許されている部屋でもあって冬もクリスマス近場になると誰かしら仲間と薪をくべている。
薪ストーブは暖炉やなんかに比べて慎ましい外見の割におそろしく薪をくう。我々は5月から薪を運びはじめる。
我々とは私とアパートのオーナーだ。
オーナー自ら薪の調達やらメンテナンスやらを好んでやっており、私はそれを手伝う約束を担保にカナディアンウイスキーを貰う。

今日は”薪ストーブおさめ”の日だった。
「こんなものが出てきたよ」
私が雑巾を絞って給湯室から出てくると、灰の処理をしていたオーナーが電車の切符よりわずかばかり大きい銅板をよこした。それは焼けて鈍色の、水たまりに浮いたガソリンのような斑紋ができていた。図柄が精密に繰り抜かれていて、それは海亀がいる夜の海の情景だった。三日月と亀がぽつんと砂浜に取り残されている。満月じゃないから、ただの亀かもしれない。
その線にはカリグラフィのような独特のリズムがあり、切り絵の図版か何かといったところだろうと私は見なした。そんなものがあるのかすら知らないけれど。
他にもブランデーか何かのひしゃげた蓋がふたつと、大ぶりの金属ボタンが出てきた。
「酔っ払って誰か放り込むのかねえ。仕方ないなあ」

続きを読む “薪をくべる(創作)”